くらし情報『唯一無二の存在を目指す清水尋也はロングスリーパー日本代表』

唯一無二の存在を目指す清水尋也はロングスリーパー日本代表

2018年4月9日 06:00
 

関連リンク

・虹のコンキスタドール、聴ける入浴剤シングル発売 MVで湯もみ&入浴シーンも公開
・“リアル峰不二子”小倉優香、谷間くっきり妖艶オーラ
・DIR EN GREY、新曲に大物エンジニア起用 全世界マーケットを重視
image


 

「撮影現場ではスタッフさんにどんどん声をかけて、コミュニケーションをとるように心がけています。役者側からでは見えない角度から見てもの作りをしていると思うので、たくさん話していろいろ学びたいと思います」

 

こう話すのは、少年少女を主人にしたクライムサスペンスの名手・内藤瑛亮監督の最新映画『ミスミソウ』(4月7日より全国ロードショー)に出演する清水尋也(18)。雪に覆われた過疎の町で同級生から壮絶なイジメを受け、復讐に乗り出す主人公・野咲春花山田杏奈)の唯一の味方である相場晄を演じている。

 

「原作はカルト的な人気を誇るコミックです。暴力描写など映像化が困難なシーンの連続ですが、ビビらずにきちんとやりきったと思います。原作ファンのいちばん大事にしているポイントを押さえつつ、映画にするうえで新しく盛り込んだスパイスも効いていますし。残酷で絶望的な物語のなかに、美しくもせつないラブストーリーも描かれて。一視聴者としても、演者としても、大満足です」(清水・以下同)

 

今年は、映画『ちはやふる-結び-』やドラマ『anone』(日本テレビ系)などに出演。次世代スターの筆頭として名が挙げられることも。

 

「同じ世代の役者のなかでも頭ひとつ抜けること、そして将来的には、唯一無二の存在になることを目指しています。キャスティングの際に数人の候補者のなかの1人として名が挙がるのではなく、『この役は、清水尋也しかいない』と、自分1人だけを思い浮かべてもらえる。そんな役者になるためにも、自分のなかにオリジナリティというものを確立していきたいと思います」

 

そんな、清水のオフの過ごし方とは?

 

「オフのときは泥のように寝ます。先日、20時間くらい寝て、自分でもビックリ(笑)。僕のベスト入眠は、何かしていて、寝ちゃいそう、寝ちゃいそうと思っているうちに寝入る感じ。僕、ロングスリーパー日本代表です!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.