くらし情報『差額12万円も! 記者が体験「いらない宝石」を6店舗で査定』

差額12万円も! 記者が体験「いらない宝石」を6店舗で査定

2018年4月12日 16:00
 

image


「デザイン的に時代遅れ」「気分的に今、身に着けるのはちょっと」といった理由で、アクセサリーボックスで眠ったままになっている宝石類。たくさんの思い出が詰まった、そんなジュエリーたちに私たちがしてあげられる最高の恩返しは“高く売ってあげる”ことなのかもーー。ということで、本誌記者が都内の買取り店6店舗を巡って学んだ“少しでも高く売るコツ”を伝授!

先日、実家に帰った際、記者(36)は母(66)から「百貨店の宝飾店で買ったものばかりだから、元値はすごく高いのよ。ブラックオパールのリングなんて、300万円もしたんだから!」と、宝石類を譲り受けた。

母は自信満々に言っていたが、こんなにダイヤモンドがギラギラたくさんついたデカくてゴツい指輪、絶対に着けない。またどこかにしまい込んでしまうなら売ってしまおうと、記者はネットを検索した。すると、「高価買取り」「高額査定」などと書かれたサイトがたくさん目に飛び込んでくる。

しかし、どこが高く買い取ってくれるのか、全然わからない……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.