くらし情報『稲森いずみ語るあのドラマの裏側「涙こらえて囲み取材に…」』

2018年5月29日 16:00

稲森いずみ語るあのドラマの裏側「涙こらえて囲み取材に…」

 

「本当ですよね(笑)。周りに助けられたんだと思います。ありがたいです。

ファンの方からのお手紙や、舞台の出待ちしてくださったときなどに、『とにかく力になっています』『久しぶりに笑いました』とか『私が演じた役の職業に就職したんです』といったうれしい言葉ばかりいただくんです。あー、今までやって来て良かった、と思うし、パワーになります。

あとは、周りのスタッフの熱意を感じると、私も一緒に頑張ろう!って気合いが入りますね」

――特に印象に残っている役や、苦しかった役はありますか?

「09年にやった『アイシテル~海容~』(日本テレビ系)です。小学生の息子が殺人を犯してしまう、母親の役でした。辛かったですね。

ドラマでは世間から隠れて生きていたから、プライベートでも外出しちゃいけないんじゃないか、って気持ちになってしまって。あと、何のために生きているのか?ってことをすごく勉強しました。

振り返ると、今まで演じて来た役、すべてに学びがあったと思います」

――09年には初の舞台にも挑戦しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.