くらし情報『乃木坂46北野日奈子、卒業コンサートで魅せた9年間の集大成「本当に私は幸せでした」』

2022年3月25日 10:55

乃木坂46北野日奈子、卒業コンサートで魅せた9年間の集大成「本当に私は幸せでした」

『乃木坂46 北野日奈子 卒業コンサート』3月24日(木) 神奈川・ぴあアリーナMM


乃木坂46の2期生・北野日奈子の卒業コンサートが3月24日に神奈川・ぴあアリーナMMで開催された。

本公演は新型コロナウイルス感染防止対策のもと、会場には9千人のオーディエンスが来場。配信視聴者も含め北野のラストコンサートを見守った。

セットリストは北野本人が披露したい楽曲をもとに構築され、8thシングル「気づいたら片想い」がオープニングナンバー。「気づいたら片想い」は北野にとって初めて選抜メンバーに選出された記念すべき楽曲で、卒業生の2期生・堀未央奈と共に選抜に選ばれた1曲だ。

乃木坂46北野日奈子、卒業コンサートで魅せた9年間の集大成「本当に私は幸せでした」

北野日奈子
中盤ブロックはアンダーメンバー楽曲を中心に披露。中でも「アンダー」を披露した際は、色々な感情がこみ上げてきたのか、北野が涙声になる場面も。北野は決して順風満帆なメンバーではなく、時には選抜、時にはアンダーを繰り返しただけに、両者の気持ちを一番理解出来るメンバーとも言える。

乃木坂46北野日奈子、卒業コンサートで魅せた9年間の集大成「本当に私は幸せでした」


そして中盤ブロックのラストは、2期生メンバーのために書き下ろされた「ゆっくりと咲く花」。当時は9名在籍していた2期生メンバーも現在は3名となり、現アンダーメンバーの山崎怜奈と2人で歌唱する場面は感慨深いシーンとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.