くらし情報『『生誕130年 武井武雄展』目黒区美術館で 子供のための芸術を追求した画家の多岐にわたる創作活動を紹介』

『生誕130年 武井武雄展』目黒区美術館で 子供のための芸術を追求した画家の多岐にわたる創作活動を紹介

《星曜日》 武井武雄1965年水彩、クレヨン© 岡谷市/イルフ童画館


2024年7月6日(土)より、目黒区美術館では、『生誕130年武井武雄幻想の世界へようこそ』が開催される。「童画」という言葉を発案し、子供のための芸術を追求した武井武雄(1894-1983)の生誕130年を記念して、各地を巡回中の展覧会だ。
長野県岡谷市の裕福な地主の家に生まれた武井武雄は、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画家を卒業後、1922年 に 東京社が創刊した児童雑誌『コドモノクニ』創刊号のタイトル文字及び表紙絵を担当。その後も絵画主任として活躍した。
『生誕130年 武井武雄展』目黒区美術館で 子供のための芸術を追求した画家の多岐にわたる創作活動を紹介

《おやゆびひめ》 武井武雄1965年水彩、クレヨン© 岡谷市/イルフ童画館
1918年、児童雑誌『赤い鳥』の創刊が象徴するように、大正期は、子供のために文化が目覚ましく開花した時代である。しかし、当時出版されていた童話の挿絵は、一般的に物語の添え物という認識だった。そこで武井は、子供のための芸術こそ本物の芸術でなければならない、という信念のもと、自ら発案した「童画」というジャンルの確立に尽力する。と同時に彼は、版画家、デザイナー、教育家として幅広く活躍しただけでなく、郷土玩具の研究者という一面も持っていた。
同展では、武井武雄の豊かな幻想性をたたえた童画や版画、また画と文、装丁、函(はこ)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.