くらし情報『暗闇の無人島で、自然とアートを体感『Sense of Island —感覚の島— 暗闇の美術島』』

2019年11月10日 00:00

暗闇の無人島で、自然とアートを体感『Sense of Island —感覚の島— 暗闇の美術島』

《prism》博展


神奈川県横須賀市の沖合に浮かぶ無人島「猿島」を舞台に、アートの展示やイベントを行う『Sense of Island —感覚の島— 暗闇の美術島』が12月1日(日)まで開催されている。

横須賀・三笠桟橋からフェリーで約10分。猿島は東京湾唯一の無人島で、弥生時代の貝塚や明治時代初期から築かれた砲台跡などが自然と融和し、独特の景観を生み出している。

Sense of Island—感覚の島— 暗闇の美術島( https://senseisland.com/target=)

暗闇の無人島で、自然とアートを体感『Sense of Island —感覚の島— 暗闇の美術島』

ジェニー・秦・ブルーメンフィールド《色と景観の相互作用》
暗闇の無人島で、自然とアートを体感『Sense of Island —感覚の島— 暗闇の美術島』

齋藤精一《JIKU #004 SARUSHIMA》

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.