くらし情報『『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』LiSAインタビュー「重くて長い手紙のような歌」』

2020年10月30日 12:00

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』LiSAインタビュー「重くて長い手紙のような歌」

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』LiSAインタビュー


現在大ヒット上映中の映画、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。全国の『鬼滅』ファンが本作を心待ちにしていたであろう。美麗な映像や華麗なアクション、重厚な物語を楽しむべくリピーターも続出している。

TVアニメのオープニングを飾った『紅蓮華』は、これまでの彼女のキャリアの中でも最大のヒットとなり、劇場版の主題歌『炎(ほむら)』も彼女が手掛けることとなった。

「お話をいただいた時は素直に嬉しかったです。もちろん、TVアニメの時も周囲からは“よかったよ”とは言っていただけていましたが、 “(TVアニメの曲を)LiSAにまかせてよかった”と思ってもらえたのかな、と。」

歌詞は、作曲と編曲を担当している人気作曲家・梶浦由記との共作で、LiSA自身の『鬼滅の刃』への想いが込められた楽曲となっている。

「アニメのプロデューサーと梶浦さんと私で相談しながら作っていきました。アニメのプロデューサーはどんな場面で曲が流れるのかを統括していますし、梶浦さんは主題歌だけでなく劇伴も担当されていますし、皆で作品に寄り添う楽曲の道筋を作っていったというか。梶浦さんが歌詞になる言葉とメロディーを並べてくださって、そこに自分の「無限列車編」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.