くらし情報『新田真剣佑が全てを懸けた“最後の敵役”「『るろうに剣心』は世界に通用する作品」』

2021年4月23日 07:00

新田真剣佑が全てを懸けた“最後の敵役”「『るろうに剣心』は世界に通用する作品」

新田真剣佑

撮影中は、自分が3人いた感じがした

その白い衣を脱いだ瞬間、逞しい上腕二頭筋があらわになる。盛り上がった筋肉に見惚れると同時に、俳優・新田真剣佑が雪代縁という役にどれだけ身骨を砕いて向き合ってきたか、凄絶な日々の一端が見えた気がして、痺れる想いがした。

スクリーンの中で描かれる、剣心と縁の最終対決。それは、日本のアクション映画の歴史を塗り替えた映画『るろうに剣心』シリーズのラストを飾るにふさわしい、命と命のぶつかり合いだった。

「撮影中は、自分が3人いた感じがしました。剣心を憎む縁としての自分と、姉を想う純粋な縁としての自分。そして、そんな縁になりきるために、時間の許す限り体づくりに取り組み、いっぱい食べて自分の体を痛めつけている新田真剣佑と。カメラが回っているときはもちろん、そうでないときも、ずっと集中していました。」

過酷すぎた日々を振り返る。雪代縁は、新田真剣佑が俳優として持てる力のすべてを注いでつくり上げた役だった。

「それだけ自分を追い込まなければ、雪代縁という役は演じられなかった。だからこそ、『るろうに剣心』という映画は、世界に通用する作品なんだなと思います。直前に台本を読んでもできるような役は一つとしてない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.