くらし情報『広瀬アリス、バカリズム脚本の映画『地獄の花園』出演決定 「脚がアザだらけでも幸せだと思った作品」』

2021年2月3日 08:00

広瀬アリス、バカリズム脚本の映画『地獄の花園』出演決定 「脚がアザだらけでも幸せだと思った作品」

『地獄の花園』キャラクタービジュアル(カリスマヤンキーOL・蘭 / 広瀬アリス) (C)2021『地獄の花園』製作委員会

(C)2021『地獄の花園』製作委員会



2021年5月に公開を控える永野芽郁主演映画『地獄の花園』第2弾キャストとして、広瀬アリスの出演が決定した。

お笑い界の鬼才バカリズムがオリジナル脚本を手がける本作は、日本中のOLたちが“空前絶後のバトルロワイアル”を繰り広げる壮大なストーリーを展開。普通のOLライフに憧れる主人公・直子を永野が演じ、本作の世界観をPerfume、サカナクション、星野源のMVを手がけてきたMV界の巨匠・関和亮監督が唯一無二の映像美で表現する。

先日永野が特攻服で暴言を吐く特報映像が公開され、早くも多くの反響を呼んでいる映画『地獄の花園』。そんな本作に挑む広瀬は、永野演じる直子の会社に中途採用され、次第に直子と友情を育んでいく蘭を演じる。彼女は乙女心があり直子と一緒にカフェめぐりをするも、実はスカジャンがトレードマークのカリスマヤンキーOL。今回新たに公開された特別映像では、通勤途中におろしたての服で喧嘩に巻き込まれ頭突きをかまし、休日でも喧嘩に巻き込まれ相手を投げ飛ばしてルミネへ急ぐ蘭が映し出される。

広瀬自身が「台本を読んでの感想、撮影を終えての感想はどちらも…『あーーーーーおもしろい!!』とにかく皆さん弾けていて、あんな顔やこんな顔を見ることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.