くらし情報『『奇想のモード』展、東京都庭園美術館にて開幕 シュルレアリスムとモードの共鳴を「奇想」をキーワードに紐解く』

2022年1月20日 18:00

『奇想のモード』展、東京都庭園美術館にて開幕 シュルレアリスムとモードの共鳴を「奇想」をキーワードに紐解く

展示風景より中央はサルバドール・ダリ《抽き出しのあるミロのヴィーナス》(1936-64)


「奇想」というテーマで、モードと芸術の関係を俯瞰する展覧会『奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム』が、東京都庭園美術館で1月15日(土)に開幕した。20世紀最大の芸術運動・シュルレアリスムとモードとの関係を中心に、16世紀のファッションプレートからコンテンポラリーアートまでを紹介する展覧会だ。4月10日(日)まで開催されている。

アンドレ・ブルトンらによって1920年代に生まれた芸術運動「シュルレアリスム」は、文学や美術、映画などさまざまな創造活動に多大な影響を与えた20世紀最大の芸術運動となった。モードの世界も例外ではなく、それまでのファッションの文脈では使われない素材やモチーフなどが採用されるようになっていく。

『奇想のモード』展、東京都庭園美術館にて開幕 シュルレアリスムとモードの共鳴を「奇想」をキーワードに紐解く

1937年に竣工した東京都庭園美術館 本館
いっぽう、シュルレアリストたちも、帽子や靴、手袋や針と糸など、ファッションに関連するアイテムをモチーフとした作品を作り出すなど、相互に影響を与えあっていった。同展は、このようなシュルレアリスムとモードの関係を起点とし、「奇想」をテーマに幅広い時代のファッションと芸術を8章構成で紹介していくものだ。

第1章「有機物の偏愛」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.