くらし情報『北川景子・中村倫也の自然体な魅力「他者からの視線や評価も今は気にならなくなりました」』

2021年2月9日 07:00

北川景子・中村倫也の自然体な魅力「他者からの視線や評価も今は気にならなくなりました」

(左)北川景子 (右)中村倫也 撮影:奥田耕平

撮影:奥田耕平



2月11日公開の映画『ファーストラヴ』で初共演を果たした北川景子と中村倫也。ある殺人事件の真相を追う公認心理師の由紀と弁護士の迦葉。一言では表し尽くせない複雑な関係を演じたふたりだが、実際には1986年生まれの同い年。まるで級友のようなやりとりから、お互いへの信頼が垣間見える。

第159回直木賞を受賞した傑作サスペンスに、北川と中村はどのように挑んだのだろうか。

迦葉は、ずっと胃の中に石を入れられているような役だった

北川景子・中村倫也の自然体な魅力「他者からの視線や評価も今は気にならなくなりました」


撮影に入ると、自然とふたりの距離感が縮まる。ボーズも、目線も、カメラマンが細かく指示を出さなくても、まるであらかじめ決められていたかのようにリンクする。その以心伝心ぶりが、ハードな撮影期間を通じて築いたふたりの結束の証だ。

「いい年して人見知りというのもあれなんですけど、私は初めて会う人にはいきなり素を出せないタイプで。現場に入るときは場を盛り上げようというか、つい『北川景子です!』って感じで入っちゃうんですけど」(北川)

「(お高くとまった口調をつくって)『北川ですけど何か?』でしょ?(笑)」(中村)

「違う(笑)」(北川)

「『ソイラテをちょうだい』みたいな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.