くらし情報『ホアキン・アチュカロ(ピアノ) スペイン・ピアニズムの偉大なる継承者を聴く』

2019年9月4日 12:00

ホアキン・アチュカロ(ピアノ) スペイン・ピアニズムの偉大なる継承者を聴く

ホアキン・アチュカロ(ピアノ)


スペインのピアニストといえば、かつて一斉を風靡した美しき名手アリシア・デ・ラローチャ(1923-2009)の名前を思い出す。彼女亡き後のスペインピアニズムは一体どうなってしまったのだろう。などと思っていた矢先に現れたのがホアキン・アチュカロだ。と言いつつ1932年生まれのアチュカロとラローチャとの年齢差はわずか9歳。見方を変えれば、これまでラローチャの影に隠れていた大器にようやく光が当てられたとも言えそうだ。

今回の公演では、モーツァルト、ベートーヴェン&ショパンの名曲のほか、得意とするスペインのグラナドス&アルベニスなどの作品が披露される。まさにスペインピアニズムの継承者を堪能するにふさわしいラインナップだ。老いてなお色気を感じさせるスペイン人特有のダンディズムも合わせて堪能したい。

◆公演概要
9月9日(月)日経ホール
「ホアキン・アチュカロピアノ・リサイタル/第488回日経ミューズサロン」

●ホアキン・アチュカロ(ピアノ)Joaquin Achúcarro:
1932年スペイン・ビルバオ生まれ。59年リヴァプール国際コンクール優勝。以来、世界中の著名ホールでベルリン・フィル他と共演。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.