くらし情報『「希望や夢を感じられるステージに」熊本マリ、10月に恒例の『熊本マリの夜会』を開催』

2021年8月24日 07:00

「希望や夢を感じられるステージに」熊本マリ、10月に恒例の『熊本マリの夜会』を開催

は中止に。「状況がまだ不安定で、お客様にお金と時間だけでなく、リスクを負ってきていただくのが申し訳なくて。『お休みにしましょう』と私から提案しました」と明かす。

「今はワクチン接種も、ずいぶん進みました。私の方も、お客様がラッシュアワーに遭わず、安心して来ていただけるよう、開演時間を1時間早めました。インターミッション(休憩)なしにして、ステージ全体で約1時間半に収めます。さらに、感染対策で会場のキャパも半分に。でも、私にとっては、お客様がたとえ1人でも、100人でも、演奏に臨む心は同じ。『弾かせていただける』ということが、まず嬉しいんです」

今回は、「苦しい思いの方がたくさんいらっしゃる今、余り悲しい曲は聴きたくないはず。せめてコンサートでは希望や夢を感じてほしいと、皆さんからのリクエストも多い、ハッピーな曲を選びました」と熊本。「平均律」第1巻第1番のプレリュードと、「ゴルトベルク変奏曲」からのアリアと、まずは大バッハを軸に。モンポウやアルベニスなど得意のスペイン作品や、シューマンやブラームス、ショパンを配して、さながら“音による世界旅行”だ。さらに、奥村一「おてもやん」や、「日本では、他に誰も弾いていないはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.