くらし情報『加藤シゲアキ「今こそ上演されるべき作品」 約3年半ぶりの主演を務める舞台「モダンボーイズ」上演決定!』

2021年1月25日 10:53

加藤シゲアキ「今こそ上演されるべき作品」 約3年半ぶりの主演を務める舞台「モダンボーイズ」上演決定!

舞台「モダンボーイズ」


4月3日(土)~16日(金)に東京・新国立劇場 中劇場、4月28日(水)~30日(金)に大阪・COOL JAPAN OSAKA WWホールにて、NEWSの加藤シゲアキが主演を務める舞台「モダンボーイズ」が上演されることが決定した。

NEWSとしてのグループ活動だけでなく、著書『オルタネート』が第164回直木賞、2021年本屋大賞にノミネートされるなど、作家としても知られる加藤。舞台には2017年に東京グローブ座にて上演された「グリーンマイル」以来、約3年半ぶりの出演となる。

今回加藤が挑むのは、1994年に木村拓哉主演で、都政施行50周年記念公演として上演された、幻の名作ともいわれる青春群像劇「モダンボーイズ」。日中戦争直前だった浅草のレビュー小屋を舞台に、プロレタリア革命を志す学生で、ひょんなことから浅草エフリィという芸名でレビューの人気者となった矢萩奏が、小屋の座付き作家であった菊谷栄と出会ったことで生きる居場所を見つけ、自分にしかできない革命を見出していく。

演出を手がけるのは、NHKで『精霊の守り人』シリーズ第3部や『麒麟がくる』などの演出を務め、2016年にシアタートラムにて上演された「令嬢と召使」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.