くらし情報『勘九郎「大変な時期に追善ができる喜びと感謝の気持ち」 若き中村屋が挑む『二月大歌舞伎』』

2021年1月30日 11:00

勘九郎「大変な時期に追善ができる喜びと感謝の気持ち」 若き中村屋が挑む『二月大歌舞伎』

左から、中村長三郎、中村七之助、中村勘九郎、中村勘太 (c)松竹

(c)松竹



1月に続き3部制で行われる2月の歌舞伎座の第3部は、「十七世中村勘三郎三十三回忌追善狂言」の2演目。十七世勘三郎は、現在の勘九郎が6歳、七之助が4歳の時に亡くなったふたりの祖父で、立役(男役)も女方も自在、78年の生涯につとめた役の数がなんと800以上という、正真正銘の歌舞伎界のレジェンドだった。

勘九郎は、「祖父は父(十八代目勘三郎)に、『歌舞伎座で追善ができるような役者になっとくれ』とずっと言っておりまして、三十三回忌は父が必ずやるものと、僕たちも思っていたんですけれども……」と、一瞬だけうつむいた後、「その父の遺志を引き継いで、(コロナ禍の)大変な時期に追善ができるという喜びと感謝の気持ちで、一生懸命やらせていただきます」と、きっぱり言って覚悟を見せた。父はすでにないが、心強い弟の七之助と、芝居心いっぱいで頼もしい長男・勘太郎と次男・長三郎。若き中村屋ファミリーが一丸となって、多才で偉大、かつチャーミングだった十七代目の当たり役に挑む。

勘九郎「大変な時期に追善ができる喜びと感謝の気持ち」 若き中村屋が挑む『二月大歌舞伎』

『連獅子』親獅子の精:中村勘九郎、仔獅子の精:中村勘太郎撮影:篠山紀信
『連獅子』は、厳しい獅子の子育てのさまが、幼い頃から父に教えを受ける歌舞伎俳優の親子の姿に重なる人気舞踊。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.