くらし情報『生田斗真「ゾクゾクする感じを久しぶりに楽しみたい」 いのうえ歌舞伎新作『バサラオ』で劇団☆新感線公演リベンジ!』

生田斗真「ゾクゾクする感じを久しぶりに楽しみたい」 いのうえ歌舞伎新作『バサラオ』で劇団☆新感線公演リベンジ!

生田斗真 (撮影:源賀津己)

(撮影:源賀津己)



劇団☆新感線44周年興行にして主演の生田斗真、生誕39年を記念するサンキュー公演!?と銘打ったいのうえ歌舞伎『バサラオ』(中島かずき作、いのうえひでのり演出)が、7月の福岡・博多座公演から始動する。劇団☆新感線では5作目の登場となる生田だが、前作の『偽義経冥界歌』(2019-2020年)ではコロナ禍による博多座全公演中止の無念に涙した。そのリベンジを果たすべく、新作を提げてまずはかの地、福岡へ。その後は東京・明治座に劇団☆新感線初進出、さらに大阪公演へと続いていく。島国ヒノモトを舞台に展開するのは、己の美しさを武器に天下取りを目論む男、ヒュウガを中心とした痛快ピカレスク活劇だ。中村倫也、西野七瀬、りょうなど豪華客演陣のほか、生田が熱望した劇団の看板俳優、古田新太との舞台初共演など注目必至の話題作。本作公演中の秋には不惑を迎える生田が、いざ魅惑の挑戦へ!

クセの強い悪役が気持ちよくなってきた

――新作『バサラオ』、(取材の)前日に本読み稽古をされたばかりと伺いましたが、その感触を教えていただけますか?

とにかく見応え満点ですね。歌、踊りの煌びやかさ、悪役が主役という物語の面白さ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.