くらし情報『Netflix、映画・テレビドラマ制作従事者を支援する救済基金を発表 VIPOが事務局運営』

2020年5月22日 11:54

Netflix、映画・テレビドラマ制作従事者を支援する救済基金を発表 VIPOが事務局運営

“Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金”


Netflixは5月22日、日本国内の映画やテレビドラマの制作従事者の生活を支援する“Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金”を設立し、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)に事務局を委託したことを発表した。

新型コロナウイルス感染症の影響により、現在世界中で数多くの映画やテレビドラマの制作が延期、もしくは停止を強いられる状況が続いている。国内の映画・テレビドラマ制作に従事する方々の中でも極めて生活への影響が大きい方々を短期的に支援することを目的とした“Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金”。VIPO内に設立し、同法人に募集から支給までの事務局業務を委託することとなった。なお、Netflixは本基金設立にあたり、今年3月に発表したクリエイティブ業界を支える目的で設立された支援基金より約1億円をVIPOに拠出した。

Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクターの坂本和隆は「人々に喜びをもたらす作品を届けることが、コンテンツづくりの使命です。これまでNetflixがメンバーに数多くの素晴らしい作品をお届けしてこられたのも、日本の制作関係者の存在があったからこそです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.