くらし情報『市村正親が当たり役『スクルージ』に7度目の挑戦』

2019年12月8日 00:00

市村正親が当たり役『スクルージ』に7度目の挑戦

ミュージカル『スクルージ ~クリスマス・キャロル~』


ケチで意地悪な金貸しスクルージが、クリスマスの精霊が見せる過去・現在・未来によって自身の生き方を見つめ直す様を描く、イギリスの文豪ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』。この名作をミュージカル映画化した『スクルージ』(1970年)が、同じレスリー・ブリカッスの脚本・音楽により舞台化され、日本では1994年に初演された『スクルージ ~クリスマス・キャロル~』が、本日12月8日に東京・日生劇場で6度目の再演の幕を開ける。名曲の数々とにぎやかな演出(井上尊晶)に彩られた、クリスマスにぴったりの心温まるファンタジーだ。

スクルージ役を務めるのは今回も、初演以来たびたび同役を演じ、当たり役のひとつとしている市村正親。意地悪な中にもかわいらしさが見える市村スクルージは初演から評判だったが、「だんだんスクルージの年齢に近づいてきて、メイク時間も最近では少なくなっております」と本人が語るとおり、今回はより真実味を増した演技が期待できそうだ。また、四半世紀を超える『スクルージ』の歴史の中でも、日生劇場での上演は今回が初めて。「日生劇場の怪人と言われる市村にとってはベストの劇場」との言葉に、期待はさらに高まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.