くらし情報『ジョニー・デップが水俣病の恐ろしさを伝える写真家に 最新作『MINAMATA(原題)』2021年9月より日本公開』

2021年4月22日 08:00

ジョニー・デップが水俣病の恐ろしさを伝える写真家に 最新作『MINAMATA(原題)』2021年9月より日本公開

『MINAMATA(原題)』 (C) 2020 MINAMATA FILM, LLC (C) Larry Horricks

(C) 2020 MINAMATA FILM, LLC (C) Larry Horricks



ジョニー・デップ製作・主演の最新作『MINAMATA(原題)』が、TOHOシネマズ日比谷ほかにて9月に日本公開されることが決定した。

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミスとアイリーン・美緒子・スミスが1975年に発表した写真集『MINAMATA』だ。デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、デップ自身の製作・主演で待望の映画化が実現した。

映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージンが当時の妻アイリーンと共に水俣を訪れ、1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。「彼(ユージン)は心の中に痛みを抱えていた。でも、水俣が彼の心を再び開いたんだと思う」と語るデップが容姿から内面に至るまで、傷ついた写真家が、再びカメラを手に取り、闘いに身を投じていくその生き様を見事に体現し現代に蘇らせた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.