くらし情報『第二次世界大戦下に生きる日系人家族の葛藤を描く、ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』 注目の日本版が開幕』

2021年3月12日 07:00

第二次世界大戦下に生きる日系人家族の葛藤を描く、ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』 注目の日本版が開幕

ミュージカル『アリージャンス~忠誠~』


「スタートレック」シリーズなどで知られる日系アメリカ人俳優のジョージ・タケイが、自身と家族の戦時中の実体験を語り継ぐべくミュージカル化した『Allegiance』。トライアウトを経て2015年に実現したブロードウェイ公演は、レア・サロンガ(『ミス・サイゴン』キム役オリジナルキャストで知られる)やタケイ本人らアジア系のスター俳優が多く出演し、クリエイティブ部門もほぼアジア系の才能が担ったことで大きな話題を呼んだ。本日3月12日(金)、その日本版『アリージャンス~忠誠~』が東京国際フォーラム ホールCにて開幕する。

物語の主な舞台は、第二次世界大戦下の米カリフォルニア。真珠湾攻撃によって、日系アメリカ人は敵性外国人扱いされるようになり、キムラ家の面々も強制収容所に移送されてしまう。“おじいちゃん”(上條恒彦)から日本文化を教わりながら、厳しい生活のなかでも希望を失わずに暮らす一家。そんな彼らにある日、アメリカへの“忠誠”を問う質問票が配られ、家族それぞれの考え方の違いが露呈する。父タツオ(渡辺徹)はNOを貫き、姉ケイ(濱田めぐみ)は収容所で出会ったフランキー・スズキ(中河内雅貴)と共に日系人の人権を求める運動に参加し、弟サミー(海宝直人)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.