くらし情報『【独占インタビュー】佐藤健の譲れないもの「曲がった生き方はしたくない」』

2021年4月22日 07:00

【独占インタビュー】佐藤健の譲れないもの「曲がった生き方はしたくない」

佐藤健

エモーションをいかにアクションに乗っけるか

「パート1をやっているときから巴との過去を心に秘めながら演じてきたので、このエピソードを描かずして終えられないという気持ちはありました。それをこうして自分が納得いく形で作品に残せたので、すごく満足感があるし、やりきった充実感があります」

そう穏やかな口調で、長きにわたって演じ続けてきた役との別れを振り返る。俳優・佐藤健にとっての代表作――映画『るろうに剣心』シリーズ。その最終章となる映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』がいよいよ公開のときを迎える。

左頬についた十字傷。その謎が明かされる本作。宿敵・雪代縁(新田真剣佑)の登場によって、心優しき剣客・緋村剣心の贖罪の旅がついに完結を果たす。

「ずっと悩みながら演じていましたね。剣心にとって、縁は贖罪の念を持つ相手。敵でありながら謝なければいけない相手である縁とどう向き合っていくのか、どんな言葉を投げるのか。剣心自身も葛藤していただろうから、特に最後の一騎打ちのシーンは、僕も剣心と同じように、どう表現すればいいのか葛藤しながら現場にいました」

【独占インタビュー】佐藤健の譲れないもの「曲がった生き方はしたくない」


決して口数の多くない剣心にとって、最も感情が迸るのが刀を振るうとき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.