くらし情報『勘九郎・七之助「再出発の気持ちでめでたく舞えたら」 『三月大歌舞伎』来月4日より上演』

2021年2月22日 13:00

勘九郎・七之助「再出発の気持ちでめでたく舞えたら」 『三月大歌舞伎』来月4日より上演

『猿若江戸の初櫓』ゆかりの地、「江戸歌舞伎発祥之地」記念碑前にて、中村七之助(左)中村勘九郎(右)


3月4日(木)より上演される歌舞伎座『三月大歌舞伎』の第1部『猿若江戸の初櫓』に、『二月大歌舞伎』に引き続き中村勘九郎と中村七之助が出演する。

『猿若江戸の初櫓』は、新年を迎えた江戸の町を舞台に猿若の機転を利かせた働きが奉行に認められ、江戸で初めて官許の櫓をあげた芝居小屋の開場を許されるまでが描かれる、江戸歌舞伎の幕開けをモチーフにした作品。歌舞伎座では1987(昭和62)年1月に江戸歌舞伎360年を記念した「猿若祭」で初演された舞踊劇だ。上演中の『二月大歌舞伎』第3部で三十三回忌追善が行われている十七世中村勘三郎の“勘三郎”の名跡の始まり、初世勘三郎ゆかりの演目で、勘九郎が猿若、七之助が出雲の阿国を勤める。

勘九郎・七之助「再出発の気持ちでめでたく舞えたら」 『三月大歌舞伎』来月4日より上演

平成29年2月歌舞伎座『猿若江戸の初櫓』より、猿若=中村勘九郎(c)松竹
勘九郎・七之助「再出発の気持ちでめでたく舞えたら」 『三月大歌舞伎』来月4日より上演

平成29年2月歌舞伎座『猿若江戸の初櫓』より、出雲の阿国=中村七之助(c)松竹
上演に際し、作品ゆかりの地「江戸歌舞伎発祥之地」記念碑を訪れたふたり。「父が子供の頃に“ここに中村座があったんだよ”、と教えてくれたのを思い出します。」と在りし日に思いを馳せた勘九郎は、「(初世勘三郎は)江戸の真ん中に(中村座を)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.