くらし情報『『るろ剣』サプライズ出演の神木隆之介、佐藤健を尊敬「大きなものを背負っている」』

2021年6月12日 18:47

『るろ剣』サプライズ出演の神木隆之介、佐藤健を尊敬「大きなものを背負っている」

『るろ剣』サプライズ出演の神木隆之介、佐藤健を尊敬「大きなものを背負っている」


最終章2部作の国内興収が現在までに44億円を記録する『るろうに剣心最終章 The Final』の大ヒット御礼舞台挨拶が6月12日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主人公・緋村剣心を演じる佐藤健、瀬田宗次郎役の神木隆之介が出席した。

6月5日、6日の全国映画動員ランキングでは、シリーズ最終章の後編にあたる『るろうに剣心最終章 The Beginning』とのワンツーフィニッシュを飾る快挙を達成。佐藤は「非常にうれしいですね。2つで1つの作品なので、同じ時期に楽しんでもらえるのはうれしいこと」と喜びの声。「代表作であることは生涯変わらない」と断言し、「宣伝も含めて、この作品と向き合う時間をできるだけ長く濃く過ごせれば」とさらなる飛躍に期待を寄せた。

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(2014年公開)で十本刀最強の剣客・宗次郎を演じた神木は、本作に同じ役柄でサプライズ出演を果たし、封切り直後からファンを歓喜させた。“最終章”のPRイベントには初参加となり、「僕の中で宗次郎という役が好きすぎて、(前作以来)『もう刀に触れることないのかな』と思いながら、生きていた。いつか演じさせてもらえる機会がないかなと思っていたので、すごくうれしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.