くらし情報『4+4で無限に広がるアンサンブルの魅力 ウェールズ弦楽四重奏団+クァルテット・エクセルシオ』

4+4で無限に広がるアンサンブルの魅力 ウェールズ弦楽四重奏団+クァルテット・エクセルシオ

「ウェールズ弦楽四重奏団+クァルテット・エクセルシオ」


「ウェールズ弦楽四重奏団」と「クァルテット・エクセルシオ」という、日本を代表する2つの弦楽四重奏団がタッグを組んだコンサートが開催される(4月28日:紀尾井ホール)。コンサートのテーマも「クァルテット+(プラス)」。まさに2つの腕利きクァルテット(弦楽四重奏団)が力を合わせることによって起こる化学変化を象徴しているかのようなタイトルだ。

当日のプログラムにもその流れが反映される。前半はそれぞれのクァルテットが得意のプログラムを単独で披露し、後半はお待ちかねの(4+4)での演奏だ。ショスタコーヴィチ「弦楽八重奏のための2つの小品Op.11からスケルツォ」&メンデルスゾーン「弦楽八重奏曲変ホ長調」がどのように響くのか、主導権は一体どちらのクァルテットが握るのか⁉などと妄想は膨らむばかり。紀尾井ホールの素晴らしい音響の中で、無限に広がるアンサンブルの魅力を愉しみたい。

■公演詳細

4月28日紀尾井ホール
「ウェールズ弦楽四重奏団+クァルテット・エクセルシオ」

https://kioihall.jp/20210428k1900.html

●ウェールズ弦楽四重奏団Verus String Quartet

桐朋学園の学生により2006年結成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.