くらし情報『北米ボックスオフィス、1位は『ラーヤと龍の王国』』

2021年3月22日 14:00

北米ボックスオフィス、1位は『ラーヤと龍の王国』

(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities

(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities



L.A.で映画館の再開が許された最初の週末、北米ボックスオフィスの1位はディズニーの『ラーヤと龍の王国』だった。

2位は『トムとジェリー』、3位はベネディクト・カンバーバッチ主演の『The Courier』、4位はダグ・リーマンの『Chaos Walking』、5位は『The Croods: A New Age』。

ニューヨークでは今月5日から、L.A.では15日から、丸1年ぶりに映画館の最オープンが許可されたが、まだ開いている劇場は一部で、全米2番目の規模のリーガル・シネマも閉まったままだ。カナダでもまだ映画館のオープンは許されておらず、北米で劇場ビジネスが本格化するのは、『ブラック・ウィドウ』など大作が控える5月になると思われる。

文=猿渡由紀

『ラーヤと龍の王国』
映画館とディズニープラス プレミア アクセス同時公開中
※プレミア アクセスは追加支払いが必要

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.