くらし情報『カリフォルニアの映画館、再オープンにさらなる危機 』

2020年7月2日 14:00

カリフォルニアの映画館、再オープンにさらなる危機 

ぴあ海外ニュース


新型コロナの感染者が再び増えていることを受け、カリフォルニア州知事ギャヴィン・ニューサムが、ロサンゼルスを含む19の郡で、本日より最低3週間は映画館のオープンを禁止した。ほかに、レストランの屋内席、美術館、動物園なども営業が禁止される。ひと足先に、バーには再び営業停止命令が出ている。

映画館に関して、ニューサムは、先月なかばに一度、再開を許していた。しかし、新作がないこと、また最終判断は郡のトップが決めることから、ロサンゼルスを含むほとんどの郡で、映画館はまだオープンをしていない。最初の公開となる新作は7月31日公開のラッセル・クロウ主演の『Unhinged』で、大手チェーンは今月末に徐々に再開し、『TENET テネット』や『ムーラン』が待ち構える8月に備えるつもりだった。

ニューサムのいう「最低3週間」は、つまり最低でも今月22日までということ。その通り22日にオープンできれば今の予定で問題ないが、状況次第では、すでに延期に延期を繰り返してきたこれらの作品の公開日がさらにずれる恐れもある。

文=猿渡由紀

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.