くらし情報『京橋にアートの新名所誕生! 「アーティゾン美術館」で開館記念展が開催中』

2020年1月23日 00:00

京橋にアートの新名所誕生! 「アーティゾン美術館」で開館記念展が開催中

アーティゾン美術館外観


ブリヂストン美術館を前身とする新美術館「アーティゾン美術館」が1月18日に開館。開館記念展として「見えてくる光景コレクションの現在地」が3月31日(火)まで開催されている。

株式会社ブリヂストンの創業者、石橋正二郎が収集した美術品を展示するため、1952年に開館したブリヂストン美術館。2015年から建て替えのため約5年間の休館を経て、この度「アーティゾン美術館」という新たな館名でリニューアルオープンした。

新美術館は、23階建ての高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層階3フロアを展示室とし、その展示面積は旧ブリヂストン美術館の約2倍に。最新の照明や空調設備を備え、快適で明るく開放的な空間が広がる。

京橋にアートの新名所誕生! 「アーティゾン美術館」で開館記念展が開催中

アーティゾン美術館1階部分の吹き抜け
開館に先駆けて行われたプレス内覧会では、館長の石橋寛氏が登壇。新美術館では「創造の体感」をコンセプトに、単に観賞の場を提供するだけでなく、見る、感じる、知ることにより作品の創造性を体感し、そのインスピレーションが新たな時代を切り拓くきっかけとなることを目指すという。

京橋にアートの新名所誕生! 「アーティゾン美術館」で開館記念展が開催中

アーティゾン美術館石橋寛館長
同館では、利用者がより快適に「創造の体感」を味わえるような工夫が随所に施されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.