くらし情報『山本耕史ら出演の日米合作ミュージカル『RENT』全キャスト発表 演出家からのコメントも到着』

山本耕史ら出演の日米合作ミュージカル『RENT』全キャスト発表 演出家からのコメントも到着

日米合作ブロードウェイミュージカル『RENT』告知画像


2024年8月から9月に東京・大阪で上演される日米合作ブロードウェイミュージカル『RENT』の全キャストが発表された。

オフ・ブロードウェイ公演を経て1996年4月にブロードウェイで幕を開けた『RENT』は、プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をもとにNYイースト・ヴィレッジに生きる若者たちの姿をビビッドに描き、ピュリツァー賞やトニー賞などに輝いたロック・ミュージカルの金字塔。ブロードウェイでは2008年9月まで、12年にわたってロングラン上演が行われ計5,124公演を記録。2006年には映画化もされた。日本では1998年に初めて日本語上演版(主演:山本耕史)が行われて以降、来日公演が幾度となく開催されている。

初の日米合同のキャストで上演される今回は、1996年に作者ジョナサン・ラーソンとともに『RENT』を生み出したマイケル・グライフによるオリジナル演出版。出演者は、山本耕史が再びマーク・コーエン役を演じるほか、未発表だったジョアン役には、ミュージカル『SIX』ブロードウェイ公演ほかブロードウェイで活躍するナシア・トーマスが決定。モーリーン役を務めるCrystal Kayとのデュエットにも期待が高まる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.