くらし情報『「アニメに興味がない人にも観てもらいたい」『ハケンアニメ!』監督が作品にこめた想い』

2022年5月20日 07:00

「アニメに興味がない人にも観てもらいたい」『ハケンアニメ!』監督が作品にこめた想い

『ハケンアニメ!』


直木賞、本屋大賞作家・辻村深月の人気小説を映画化した『ハケンアニメ!』が5月20日(金)から公開になる。本作は、アニメーションの世界の“ハケン=覇権”をとるべく作り手たちが奮闘する姿を描いた作品だが、単なる“お仕事もの・業界もの”ではなく、そこで苦闘する人たちの想いが周囲の人々や視聴者に伝わっていく様も描いている。

監督を務めた吉野耕平はCMやミュージックビデオの世界でも活躍し、『水曜日が消えた』で長編デビューを果たした人物で、舞台になったアニメーションの世界を徹底的にリサーチし、愛情をもって描きつつも「アニメーションに興味がない人にも観てもらいたいです」と語る。

日々、次々と放送されるアニメーション。しかし、そこで人気を得る作品はほんのひとり握りしかない。この世界の“ハケン=覇権” をとるアニメーションはどの作品なのか? 原作小説はアニメーション制作の現場で活動する人々の姿を多角的に描いており、吉野監督は映画化が決まる前から「自分で映画化してみたい」と思っていたようだ。

「頭の中で映像化しながら小説を読むことが多いんですけど、この小説も読みながら“どうすれば映画化できるかな?”と思いながら読んでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.