くらし情報『ポジティブに再始動しよう!コンドルズ×彩の国さいたま芸術劇場『Starting Over』近藤良平×スズキ拓朗×黒須育海インタビュー』

2022年5月27日 17:00

ポジティブに再始動しよう!コンドルズ×彩の国さいたま芸術劇場『Starting Over』近藤良平×スズキ拓朗×黒須育海インタビュー

左から)スズキ拓朗、黒須育海、近藤良平 (c)HARU

(c)HARU



埼玉・彩の国さいたま芸術劇場(以下:埼玉)の芸術監督に就任した近藤良平が構成・振付を手がける、コンドルズ埼玉公演2022新作『Starting Over』。2006年以降、ほぼ毎年埼玉で創作・発表してきた彼らにとって15作目の舞台作品となる。

ジョン・レノンのラストシングル「(Just Like) Starting Over」から想を受けて冠したタイトルには、「やり直そう、新しくはじめよう」という前向きなメッセージが込められている。本作の構想をはじめ、昨年の振り返りや“コンドルズと音楽”について、近藤と若手メンバーのスズキ拓朗・黒須育海の3人に語ってもらった。

「鳥のような自由」を真っ白な劇世界で体現した、2年越しの埼玉新作

──昨年6月に上演された『Free as a Bird』は、コンドルズにとって2年ぶりの埼玉新作でした。「埼玉アーツシアター通信」(VOL.97 2022.2-3)に掲載されているインタビューで、プロデューサーの勝山康晴さんが「帰りの車でみんなウルっとした」とおっしゃっていましたが、どんな想いが胸に去来していたのでしょうか?

近藤去年の6月って今よりコロナ禍どっぷりだったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.