くらし情報『岡山天音、塩野瑛久らが旅する5人組の吸血鬼に 三谷幸喜作、幻のホラー・コメディが21年ぶり復活』

2022年5月27日 13:00

岡山天音、塩野瑛久らが旅する5人組の吸血鬼に 三谷幸喜作、幻のホラー・コメディが21年ぶり復活

『VAMP SHOW』仮チラシ


三谷幸喜作、河原雅彦演出によるパルコ・プロデュース2022『VAMP SHOWヴァンプショウ』が2022年8月8日(月)~28日(日)、東京・PARCO劇場にて上演される。

本作は、1992年にサードステージのプロデュース公演として初めて上演された伝説の舞台。2001年にはパルコ&サードステージ提携プロデュースとしてPARCO劇場にてキャストを一新し、池田成志の演出で上演された、三谷幸喜作、異色のホラー・コメディ。西村雅彦、古田新太、池田成志(1992年)、佐々木蔵之介、堺雅人、河原雅彦、橋本じゅん、伊藤俊人(2001年)と、当時の若手実力派俳優が出演してきた幻の作品が21年ぶりに上演される。

今回演出を手がけるのは2001年版に出演していた河原雅彦。キャストにはドラマ『最愛』や『ミステリと言う勿れ』などに出演し癖のある役も難なくこなす高い演技力で評価されながら、現在放送中の『恋なんて、本気でやってどうするの?』で不器用ながらも主人公の親友にアプローチする不思議男子・克巳を演じ普段の役とのギャップでTwitterトレンド入りも果たした岡山天音、映画『今日から俺は!!』や連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演し、『インビジブル』では主人公の刑事人生を大きく揺るがせた事件で殉職した安野慎吾を演じたことも記憶に新しい平埜生成、映画『銀魂』やドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』に出演し、2022年春放送の『ユーチューバーに娘はやらん!』ではユーチューバーの不安定だが冒険家なタックタックを演じるなど多くの作品で抜群のコメディーセンスを発揮している戸塚純貴。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.