くらし情報『「さあ、ようやく武蔵が参ります。」神田伯山、真打昇進後初の「新春連続読み」』

2021年12月19日 11:00

「さあ、ようやく武蔵が参ります。」神田伯山、真打昇進後初の「新春連続読み」

『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演 令和四年ビジュアル デザイン:菅原麻衣子(ycoment)宣伝写真:橘蓮二題字:安田有吾

デザイン:菅原麻衣子(ycoment)宣伝写真:橘蓮二題字:安田有吾



講談師神田伯山の襲名・真打昇進後初となる「新春連続読み」が、1月6日(木)から池袋・あうるすぽっとで、いよいよ開催される。演目は『寛永宮本武蔵伝』(全17席)で、東京では前夜祭含め五夜連続を2回、合計10夜という大掛かりな公演だ。この企画は、2021年に予定され、コロナ禍でまるまる1年延期となっていた。東京に続き、名古屋、福岡でも“旅公演”が予定されている。

「連続読み」は、長編の講談を続きものとして数日間にわたり読みあげるもの。テレビのなかった時代に寄席などで連日かけられたが、現代ではよほどの実力と人気を持つ演者でなければ興行として成立しない。

神田伯山はこの連続読みに挑戦し続けている。2019年1月に『慶安太平記』全19席、20年1月にも『畔倉重四郎』全19席を、同じくあうるすぽっとで上演している。前売りチケットは5日間の通し券のみだったが、ともに即日完売という快挙。高座内容も大評判をとった。

『寛永宮本武蔵伝』は、伯山が初めて覚えた連続物。剣豪宮本武蔵の一代記だが、映画の原作になった吉川英治の『宮本武蔵』とは趣が異なる、豊前小倉藩の家臣宮本伊織の息子、二刀流の使い手宮本武蔵が、妻の父の仇、佐々木小次郎岸柳を倒すため、西へ西へと死闘を繰り広げながら旅をする物語で、全17席の構成。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.