くらし情報『2度の延期を乗り越えての公開に市川染五郎、杉咲花も笑顔。『サイダーのように言葉が湧き上がる』が初日』

2021年7月22日 19:55

2度の延期を乗り越えての公開に市川染五郎、杉咲花も笑顔。『サイダーのように言葉が湧き上がる』が初日

『サイダーのように言葉が湧き上がる』舞台あいさつの模様


アニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』が22日に公開初日を迎え、都内で市川染五郎、杉咲花、イシグロキョウヘイ監督が登壇して舞台挨拶が行われた。

本作は、高校生の少年と少女が偶然に出会い、ひと夏を過ごす中で自分の本当の気持ちを見つけていく過程を描いたオリジナル作品。染五郎がコミュニケーションが苦手な少年チェリーの、杉咲が自分の見た目を気にしている少女スマイルの声を演じている。

本作は2度の公開延期を経て、ついに初日を迎えたことから染五郎は「2回も延期になってしまって、とても残念な思いと悔しい思いがありました。この日を迎えられて率直にうれしい気持ちでいっぱいです」と語り、杉咲は「いつお客さまのもとに無事に届くのだろうと思っていたんですけど、今日この日を迎えられて、しかもこの映画にぴったりの夏の季節に公開になることがうれしい」とコメント。

本作で初めて声優を担当した染五郎は「チェリーという役はとても人見知りで自分の思ってる気持ちをうまく言葉にできない、でも唯一自分の気持ちを表現できるのが俳句という少年なんですけど、自分自身も人見知りでチェリーととても似ている部分がたくさんあって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.