くらし情報『仲村トオル、KERA&緒川たまき主宰・ケムリ研究室第二回公演「砂の女」出演決定 東京・兵庫にて上演』

2021年3月19日 12:00

仲村トオル、KERA&緒川たまき主宰・ケムリ研究室第二回公演「砂の女」出演決定 東京・兵庫にて上演

緒川たまき&仲村トオル


ケムリ研究室の第二回公演「砂の女」が2021年8月〜9月に東京・兵庫で上演されることが決定した。

2020年劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)と、女優・緒川たまきが結成した演劇ユニット「ケムリ研究室」。2020年9月、旗揚げ公演として『ベイジルタウンの女神』を上演し、KERAが描いたロマンティック・コメディがコロナ禍にあった観客の張り詰めた気持ちを弾ませ和ませ大きな反響を呼んだ。

今作では作風が一転。全く異なる趣の、ケムリ研究室の新たな実験が始まる。安部公房の小説「砂の女」を原作とし、KERAが上演台本と演出を担当。「砂の女」は1962年に書き下ろされ、近代日本文学の傑作と評されるとともに世界20数カ国で翻訳され、“安部公房”の名を世界に知らしめた作品である。出演には、KERAとともにケムリ研究室の主宰である緒川をはじめ、数々のKERA作品に出演してきた仲村トオル、そしてオクイシュージ、武谷公雄、吉増裕士、廣川三憲、とKERAの信頼が厚い俳優陣が顔を揃えた。

主人公は、ある砂丘へ昆虫採集に出かけた男。彼は砂穴の底に埋もれる一軒家を訪れることになる。そこには一人の寡婦が住んでいた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.