くらし情報『クリープハイプ、ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』OP&ED曲を書き下ろし』

2021年6月15日 18:40

クリープハイプ、ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』OP&ED曲を書き下ろし

クリープハイプ


クリープハイプが、7月7日よりスタートするテレビ東京の水ドラ25『八月は夜のバッティングセンターで。』のオープニングテーマとエンディングテーマに新曲「しょうもな」と「こんなに悲しいのに腹が鳴る」の2曲を書き下ろした。

本ドラマは、ドラマ初主演となる関水渚と、実力派俳優・仲村トオルによる新感覚の”ベースボール・ヒューマンドラマ”となっており、キャスト・スタッフ共に野球好きが集結。ドラマチームより大の野球ファンとして知られる尾崎世界観へのオファーがあり、それを受けオープニングテーマとエンディングテーマを担当することとなった。

今回の「しょうもな」「こんなに悲しいのに腹が鳴る」の2曲について、クリープハイプは「このような機会を頂けて、とても嬉しく思っています。野球だけに限らず、もっとゾーンを広げて、生活を歌いました。オープニングとエンディングで緩急をつけて、少しでも作品の力になれるよう、精一杯頑張ります。」とコメントを寄せている。

<番組情報>
水ドラ25『八月は夜のバッティングセンターで。』

7月7日(水) スタート 毎週水曜 深夜1時10分〜1時40分放送
放送局:テレビ東京 / テレビ北海道 / テレビ愛知 / テレビ大阪 / TVQ九州放送

クリープハイプ、ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』OP&ED曲を書き下ろし

『八月は夜のバッティングセンターで。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.