くらし情報『身体感覚をともなった新しいアート体験を 『視覚トリップ展―ウォーホル、パイク、ボイス 15人のドローイングを中心に』開催』

2022年1月13日 18:00

身体感覚をともなった新しいアート体験を 『視覚トリップ展―ウォーホル、パイク、ボイス 15人のドローイングを中心に』開催

ナムジュン・パイク≪無題≫1979


1972年、ワタリウム美術館前身の「ギャルリー・ワタリ」がオープン。その頃からコレクションされ、今や現代美術を代表するアーティストとなった作家たちのドローイング作品を中心に紹介する展覧会『視覚トリップ展―ウォーホル、パイク、ボイス 15人のドローイングを中心に』が、1月22日(土)よりワタリウム美術館にて開催される。

同展では、アンディ・ウォーホルの初めてのドローイング集「サムという名の25匹の猫と青い子猫ちゃん」、 ナムジュン・パイクが描いた、笑っているテレビ、泣いているテレビのドローイングや、1984年にヨーゼフ・ボイスが東京で描いた黒板ドローイング≪コンティニュイティ(連続性)≫など、ワタリウム美術館が所蔵する14人のドローイングやペインティング作品計160点を紹介。
また、ゲストアーティストとして、さわひらきの映像作品≪/home≫≪/home (absent room) ≫と新作ドローイングも展示する。

コロナ禍で、誰かと実際に会うことは、特別なことになってしまった現在。モニターの画面越しに出会う機会も増えてきた。そんななか、アーティストたちが描くドローイングを見つめることで、描かれた線を歩くような、自分のスピードで未知の場所へと向うような、視覚トリップ体験をワタリウム美術館で味わいたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.