くらし情報『おとな向け映画ガイド 今週は、かなりオトナな人が主役の3作品をおすすめ。』

2020年6月28日 00:00

おとな向け映画ガイド 今週は、かなりオトナな人が主役の3作品をおすすめ。

イラストレーション:高松啓二

イラストレーション:高松啓二



おとな向け映画ガイド

今週は、かなりオトナな人が主役の3作品をおすすめ。

ぴあ編集部 坂口英明
20/6/28(日)

おとな向け映画ガイド 今週は、かなりオトナな人が主役の3作品をおすすめ。

イラストレーション:高松啓二


イラストレーション:高松啓二
今週末に公開の新作は13本(ライブビューイング、映画祭企画を除く)。うち全国100スクリーン以上で拡大公開される作品が『MOTHER マザー』の1本、ミニシアター系の作品が12本です。名作『アニー・ホール』のダイアン・キートンとウディ・アレン、それぞれの新作が偶然にも同日公開です。その2作品と石橋蓮司18年ぶりの主演作、という「かなりオトナな」顔ぶれによる3作品を、ご紹介します。

『チア・アップ!』

ダイアン・キートンは、本当にステキな歳の重ねかたをしているなあ、と思います。容姿やファッショニスタとしてのセンスはもちろんですが、出演している作品も、シリアスな方向に流れず、例えば『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』『ロンドン、人生はじめます』など、おとなのライト・コメディを楽しそうに演じてくれていて、とても憧れます。今回の作品は、製作総指揮も担当しているそうで、彼女のポジティブなパーソナリティが前面にでた、どんな世代にもパワーをくれそうな人生讃歌になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.