くらし情報『“何者でもないただの男”が豹変 イリヤ・ナイシュラー監督作『Mr.ノーバディ』6月11日公開決定 』

2021年3月26日 12:00

“何者でもないただの男”が豹変 イリヤ・ナイシュラー監督作『Mr.ノーバディ』6月11日公開決定 

『Mr.ノーバディ』 (c)2021 Universal Pictures/配給:東宝東和

(c)2021 Universal Pictures/配給:東宝東和



映画『NOBODY(原題)』が、邦題『Mr.ノーバディ』として6月11日(金)より東宝東和配給で日本公開することが決定した。さらにインターナショナル版の予告映像も解禁されている。

全編主人公目線のカメラワークで展開する挑戦的な演出で話題となった『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と『ジョン・ウィック』シリーズでお馴染みの脚本家デレク・コルスタッドが新たにタッグを組んだ。様々なストレスを抱えながら生きる人々に捧げる、デトックスにピッタリの痛快ハードボイルド・アクション大作となっている。

主人公のハッチ・マンセルは仕事では過小評価され、家庭ではリスペクトできない父親として扱われるなど、人生の苦難をぐっと受け止めながら生きる、地味で平凡な“何者でもないただの男(NOBODY)”だった。

ある夜、郊外にある自宅にふたりの強盗が押し入るが、ハッチは暴力を恐れて父親らしく、そして男らしく反撃することが出来なかった。事件をきっかけにさらに家族から失望され、同じ職場の義弟にもいちゃもんをつけられ、胸の中で煮詰まっていた怒りがふつふつと湧き上がっていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.