くらし情報『LUNA SEA、13ヵ月ぶりステージで魅せた覚悟と希望 『RELOAD』さいたまスーパーアリーナ公演レポート』

2021年3月28日 22:00

LUNA SEA、13ヵ月ぶりステージで魅せた覚悟と希望 『RELOAD』さいたまスーパーアリーナ公演レポート

「LUNA SEA –RELOAD-」さいたまスーパーアリーナ振替公演 写真:田辺佳子

写真:田辺佳子



3月27日、28日の2日間、LUNA SEAが昨年12月にメンバー真矢(DRUMS)の新型コロナウイルス陽性判明により延期となっていた「LUNA SEA -RELOAD-」さいたまスーパーアリーナ振替公演を開催。昨年2月に新型コロナウイルスの影響でツアーが中断されて以来約13ヶ月ぶりのステージで、会場と配信画面の向こうのオーディエンスが一体となって、歓喜の瞬間を共有した。

LUNA SEA、13ヵ月ぶりステージで魅せた覚悟と希望 『RELOAD』さいたまスーパーアリーナ公演レポート

写真:田辺佳子
新型コロナウイルス感染防止対策が徹底された本公演は、途中換気のインターバルを設けたLUNA SEAとして初となる2部構成で行われた。第1部は最新アルバム『CROSS』の収録曲を中心に披露され、未だ延期公演の再開に至っていないアルバム全国ツアーを待ちかねているファンは、初めて体感する『CROSS』の重厚な世界に引き込まれた。換気休憩をはさみ再開した第2部の幕開けは、LUNA SEA不動のオープニングナンバー「LOVELESS」。そこからはシングル曲を連発するベストヒット構成で、本編最後の「TONIGHT」まで一気に駆け抜けた。アンコールでは、RYUICHIの「僕らがこうして音楽に打ち込むことが出来るのも、医療従事者や最前線で働くフロントワーカーズの方々のおかげです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.