くらし情報『「お芝居をすることと両思いになれた」 舞台『キオスク』出演、大空ゆうひインタビュー』

2021年1月14日 07:00

「お芝居をすることと両思いになれた」 舞台『キオスク』出演、大空ゆうひインタビュー

大空ゆうひ 撮影:源賀津己

撮影:源賀津己



舞台『キオスク』が、石丸さち子の演出でストレートプレイ版として日本初演される。オーストリアの人気作家ローベルト・ゼーターラーによるベストセラー小説を、原作者自身が戯曲化した本作。1937年、時代のうねりにのみ込まれていくオーストリアを舞台に、17歳の主人公・フランツ(林翔太)の青春を、みずみずしく切なく描いている。稽古開始後間もない12月某日、本作に出演する、元宝塚歌劇団宙組トップスターで俳優の大空ゆうひに話を聞いた。

エネルギッシュな石丸演出

「お芝居をすることと両思いになれた」 舞台『キオスク』出演、大空ゆうひインタビュー


──『キオスク』の出演が決まった時の心境を教えてください。

まず、脚本を読ませていただいて、1回で理解しきれる本ではなかったんですけれど、作品の持つ不思議なみずみずしさがとてもいいなと思いました。私は、その中で様々な役割を演じます。これは何かトライできることがあるんじゃないかなと思いました。演出の石丸さち子さんとは、以前に舞台『まさに世界の終わり』(2018年)でご一緒させていただきました。その時に石丸さんから感じたパワーが圧倒的で、エネルギーをもらい、また、違う作品で石丸さんの作品世界にチャレンジしたいと思いました。

──本作では様々な役を演じられるとのこと、なかなか想像がつかないのですが……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.