くらし情報『RADWIMPS 野田洋次郎、『キネマの神様』出演決定 女性に不器用な役どころで新境地』

2020年10月22日 07:00

RADWIMPS 野田洋次郎、『キネマの神様』出演決定 女性に不器用な役どころで新境地

『キネマの神様』 テラシン ビジュアル (C)2021「キネマの神様」製作委員会

(C)2021「キネマの神様」製作委員会



沢田研二、菅田将暉、永野芽郁、宮本信子らが出演する、松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』が、2021年に全国ロードショーされる。この度、新たなキャストとして、RADWIMPSの野田洋次郎が出演することが分かった。

原作はこれまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる『キネマの神様』。日本映画界を代表する山田洋次が監督を務める。

野田は、菅田演じるゴウとともに、撮影所で青春を駆け抜け、映画に夢を見た盟友・テラシンを演じる。野田といえば、言わ4人組ロックバンド・RADWIMPS として活動し、独特の世界観で若い世代の人気を集めている。さらに、illionとしてのソロ活動をはじめ、大物アーティストへの楽曲提供や、映画『君の名は。』などの主題歌・劇中歌を手がけている。

一方、野田は2015年に公開した『トイレのピエタ』で初主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。その後も数々のドラマや映画に出演し、今年はNHK連続テレビ小説『エール』に出演し、朝ドラ初出演を果たした。また、菅田とはドラマ『dele』第4話にゲスト出演して以来、約2年半ぶり2度目の共演となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.