くらし情報『2.5次元舞台「元号男子」原作者・志島とひろによるイラストメインビジュアル公開』

2020年11月27日 19:00

2.5次元舞台「元号男子」原作者・志島とひろによるイラストメインビジュアル公開

舞台「元号男子」


2021年3月4日(木)~3月14日(日)に、東京・大手町三井ホールにて上演される舞台「元号男子」のメインビジュアルが公開された。

本作は、志島とひろによる元号を擬人化した作品を舞台化したもの。時代とともに生まれた大正、昭和、平成、令和の4人の元号男子が一つ屋根の下で暮らす模様を描いている。脚本・総合演出を川尻恵太、演出を白鳥雄介が担当。大正役の和合真一、昭和役の校條拳太朗、平成役の平賀勇成、令和役の大薮丘を中心に、若手俳優たちが活躍する。

今回公開されたビジュアルのイラストは、原作者の志島が手がけた。背景はイラストレーターの村カルキによるもの。魅力的なキャラクターはもちろん、美しく描かれた背景も注目してほしい。なお、和合、校條、平賀、大薮のキャスト4名のサイトにて、チケット先行受付を実施中。申し込み締め切りは12月7日(月)23:59となっている。

【公演概要】
舞台「元号男子」
公演日:2021年3月4日(木)~3月14日(日) / 全15公演
会場:大手町三井ホール(東京都千代田区大手町 1-2-1 Otemachi One 3F)
チケット代:全席指定9,800円(特製 A4 タペストリーつき / ランダム)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.