くらし情報『松尾太陽がソロ活動で見えてきたもの「みんなをワクワクさせるアーティストでいたい」』

2021年2月11日 07:00

松尾太陽がソロ活動で見えてきたもの「みんなをワクワクさせるアーティストでいたい」

松尾太陽 撮影:岩田えり

撮影:岩田えり



松尾太陽の新曲『体温』が、2021年2月11日に配信される。松尾はメインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のボーカル・タカシとして活躍しているが、2020年9月よりグループと並行してソロ活動をスタート。2021年は3ヵ月連続で新曲をリリースすることを発表し、1月15日に配信されたのが全編英語歌詞の『Magic』、そして続く第2弾が今回の『体温』となった。

新型コロナウィルスの影響で、ライブ開催がままならない今。逆境下でも歌うことへのモチベーションの高さを保てる理由、そして超特急の末っ子担当から大人の男性へと変化を遂げた秘密を、多いに語ってもらった。

「可もなく不可もなく」から脱皮できたのは、歌い手としての心構えが変わったから

松尾太陽がソロ活動で見えてきたもの「みんなをワクワクさせるアーティストでいたい」


――今回の『体温』、まずは歌唱力の高さに驚きました。もちろん太陽さんはプロとして長年活躍してらっしゃいますけど、ここ最近でグンと伸びた気がします。

ありがとうございます。

――私は「超特急のタカシ」さんが10代の頃から取材をさせていただいていますが、あの頃よりもレベルが格段に上がっているというか……。かなり努力をされたのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.