くらし情報『ピアソラ作品の日本初演に立ち会うチャンス到来! 東京フィルハーモニー交響楽団5月定期公演に注目を』

2021年5月12日 12:00

ピアソラ作品の日本初演に立ち会うチャンス到来! 東京フィルハーモニー交響楽団5月定期公演に注目を

東京フィルハーモニー交響楽団


2021年に生誕100年を迎えたアルゼンチンのバンドネオン奏者で作曲家のアストル・ピアソラ(1921-1992)。今やクラシック界においてスタンダードとなった彼の作品には、未だ日本で演奏されていない名曲がある。その1つが、1951年に作曲された『シンフォニア・ブエノスアイレス』だ。

この作品について語る首席指揮者アンドレア・バッティストーニの言葉が興味深い。
「彼の数少ないオリジナル交響作品、そしておそらく彼の最高のオーケストラスコアである『シンフォニア・ブエノスアイレス』は、よく知られているピアソラのタンゴの精神をすべて取り入れながら、プロコフィエフやストラヴィンスキーなどのモダニズムの作曲家の影響を受け、さらにラテン・アメリカで影響力のある作曲家ヒナステラやチャベスの影響も明確に受けた、非常に独創的な交響曲に仕上がっています。しかし、この作品では、アルゼンチンタンゴが呼び起こすメランコリーや興奮といった感情が間違いなく主人公であり、それが豊かなオーケストレーションによって独創的かつ効果的なスコアとなっています。この交響曲を演奏することで“ポピュラー”や“フォーク”として片付けられがちな真の芸術的音楽を生み出した真の作曲家ピアソラの功績を、クラシック音楽ファンの皆様にもお示しすることができるかもしれません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.