くらし情報『キーワードは“信頼”。ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』監督・脚本家が語る』

2021年3月4日 12:00

キーワードは“信頼”。ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』監督・脚本家が語る

『ラーヤと龍の王国』 (c)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities

(c)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities



ディズニー・アニメーションの最新作『ラーヤと龍の王国』が5日(金)から映画館とディズニープラスのプレミア アクセスで公開になる。本作は“信頼”が物語の大きなテーマになっており、制作チームは様々な角度からキャラクターや設定を考え、観客が主人公と共に壮大な旅を体験できるように制作にあたったようだ。公開直前に監督と脚本家に話を聞いた。

ディズニー・アニメーション・スタジオには制作中の作品以外にも、いつか実現したい企画や、長い時間をかけてアイデアを練っているプロジェクトが数多く存在するが、本作もそのひとつで、『ベイマックス』を成功させたドン・ホールと、実写映画『ブラインドスポッティング』で注目を集めたカルロス・ロペス・エストラーダが監督としてプロジェクトに参加したことで映画づくりが一気に加速した。彼らはそれまでに積み上げられてきた様々なアイデアを引き継ぎつつ、着手した段階から“あること”を決めていたという。

「この映画に関する作業の1日目から、私たちは“この映画には悪役はいない”と考えました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.