くらし情報『22歳で決めた35歳での引退 五郎丸が全力でラストシーズンを駆け抜ける』

2020年12月17日 07:00

22歳で決めた35歳での引退 五郎丸が全力でラストシーズンを駆け抜ける

五郎丸歩


まさか、13年前に引退を決めていたとは。早稲田大を卒業し、ヤマハ発動機ジュビロとプロ契約を結んだ際、22歳のルーキーはすでに35歳で引退すると決めていたと言う。12月16日、記者会見に臨んだ五郎丸歩は衝撃の事実を語った。

「『35歳まで第一線でやる』と決意して契約をしました。ここ数か月やここ数年ではなく、長いスパンで考えてきた結果。その気持ちが変わらなかった」

なぜ、35歳なのか?

「なんででしょうね(笑)。22歳の自分に聞いてみないとわからない。当時はパフォーマンスの限界が35歳だと考えていたのかもしれませんね」

ブレずに自分を貫き通す五郎丸らしいエピソードだが、決して頑固なまでに引退に固執していたわけではない。

「3歳から始めてきたラグビーやめる寂しさはあります。ただ32年間全力で走ってきた私には全力で戦う気力、体力はあと1年しか残っていません」

22歳で決めた35歳での引退 五郎丸が全力でラストシーズンを駆け抜ける


また五郎丸はこうも言った。

「自分に感情がなければ、まだできるかもしれない。ただ気力の部分が衰えていると感じた。35歳で現役を退くことが自分にとってもチームにとってもベストな選択だと信じています」

『ジャパンラグビートップリーグ』は今季限りで最後となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.