くらし情報『松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」』

2021年2月17日 07:00

松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」

(左)仲野太賀 (右)松坂桃李 撮影:木村直軌

撮影:木村直軌



2021年2月19日に全国公開される『あの頃。』(監督/今泉力哉)は、漫画家であり、音楽プロデューサーであり、ベーシストである劒樹人(つるぎ・みきと)さんの、自伝コミックエッセイが原作だ。目的もなく鬱々とした日々を送っていたツルギ青年が、ひょんなことからハロープロジェクトに出会い、仲間と共にディープなハロヲタ活動を繰り広げる。遅く来た青春を夢中で楽しむ彼らの時は永遠のようで、実はアイドルの寿命と同じくらい儚く、次第にそれぞれの未来に歩いていくようになる……。

鑑賞後はきっと多くの人が、懐かしさと可笑しみと、少しの胸の痛みを感じるこの映画。主演の松坂桃李さんと、仲野太賀さんに、作品の魅力や撮影エピソードについてお話を伺った。

オタク仲間は「ありのままの自分でいられる場所」

松坂桃李・仲野太賀の『あの頃。』「実はいいことばかりじゃない俳優の仕事も捨てたものではない」


――原作を読んだときの、率直な感想を教えてください。

松坂桃李さん(以下、松坂)今はたくさんの人が、アイドルオタクに対して免疫があります。たくさんのアイドルの方がいらっしゃいますから。でもこの映画の時代、2000年代初頭当時はそれほどでもなかったから、アイドルオタクとそうじゃない人は、すごく遠かったんじゃないかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.