くらし情報『ハンブレッダーズが、アルバム『はじめから自由だった』リリースワンマンツアーを完遂 地元・大阪では初の2デイズ開催【ライブレポート】』

ハンブレッダーズが、アルバム『はじめから自由だった』リリースワンマンツアーを完遂 地元・大阪では初の2デイズ開催【ライブレポート】

『ハンブレッダーズ “はじめから自由だった” ワンマンツアー』5月31日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside Photo:松本いづみ

Photo:松本いづみ



Text:服田昌子Photo:松本いづみ
ハンブレッダーズが4thフルアルバム『はじめから自由だった』を携えて全国12カ所14公演を巡る『はじめから自由だったワンマンツアー』を行った。今回はツアーの11カ所目、バンドの地元・大阪で開催された自身初となるワンマン2デイズ。ムツムロ アキラ(vo&g)も「実質ファイナル」と表現したように、ツアー日程も大詰めとなり4人のパフォーマンスにも磨きがかかった5月31日Zepp Osaka Bayside2日目の模様を紹介する。

彼らにとって会場のZepp Osaka Baysideはワンマンでは初登場の場所だが、大阪はホームタウンとありチケットはもちろんソールドアウト。開演前にもかかわらず熱気に満ち、大歓声がいつものムツムロによる口上をかき消すほどだ。そして注目の幕開けはギターもべースもうなるイントロから、アルバム『はじめから自由だった』の最後を飾る曲「THE SONG」。シングル表題曲としてリリースした時からの人気曲とあり、フロアは一気にヒートアップする。さらに「全部 全部 全部」のコールも高らかな「ギター」と、痛快なギターと不敵なボーカルがクセになる「サレンダー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.