くらし情報『米津玄師が令和2年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞 大衆芸能部門を受賞、平成生まれアーティスト初の快挙に』

2021年3月3日 17:00

米津玄師が令和2年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞 大衆芸能部門を受賞、平成生まれアーティスト初の快挙に

米津玄師


米津玄師が、令和2年度(2020年4月〜2021年3月)の第71回芸術選奨文部科学大臣新人賞・大衆芸能部門を受賞した。大衆芸能部門において、平成生まれのアーティストの新人賞受賞は初めての快挙となる。

芸術選奨文部科学大臣新人賞は文化庁が毎年度、芸術各分野において優れた業績を挙げ、新生面を開いた人物に対して送られる賞となっており、米津が2020年8月にリリースしたアルバム『STRAY SHEEP』において「沈静化したポップス界の再活性化」を促したことが評価され、今回の受賞に至った。

アルバム『STRAY SHEEP』は、CDの売上枚数と、デジタルダウンロードのDL数およびストリーミングの再生数を合計したセールスがダブルミリオンを突破し、今なお記録を更新し続けている。3億5,000万ユーザーを誇るオンラインゲーム「FORTNITE」での革新的なバーチャルライブの開催や、ユニクロとのコラボTシャツの販売、さらには世界的映画監督・是枝裕和氏が手掛けた「カナリヤ」MVの公開など、1年を通して様々な活動を展開。米津が2020年度に受賞したランキングは今回の賞も含めて29冠を達成した。

■令和2年度「第71回 芸術選奨文部科学大臣 新人賞」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.