くらし情報『1993年の実写版『スーパーマリオ』映画、約30年の時を経て初のデジタル配信が開始』

1993年の実写版『スーパーマリオ』映画、約30年の時を経て初のデジタル配信が開始

『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』 (C)1993 Allied Filmmakers N.V. (C)1993 Nintendo

(C)1993 Allied Filmmakers N.V. (C)1993 Nintendo



豪華キャスト競演の90年代ハリウッド実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』が初配信される。

「スーパーマリオ 映画」で検索すると、出てくるのはほぼ2023年日米合作のCGアニメーション映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』だ。しかし、さかのぼること約30年前の1993年、ハリウッドで約50億円もの製作費をかけてつくられた実写映画版マリオが存在していた。それが、今回各配信プラットフォームで初のデジタル配信が始まった、映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』だ。


1993年の実写版『スーパーマリオ』映画、約30年の時を経て初のデジタル配信が開始


マリオを演じるのは、ニール・ジョーダン監督の1986年作品『モナリザ』で、カンヌ映画祭やゴールデングローブ賞、アカデミー賞などで主演男優部門を席巻した英国の名優ボブ・ホスキンス。ルイージを演じるのは、『ロミオ+ジュリエット』や『ムーランルージュ』などバズ・ラーマン監督作品をはじめ、数々の作品で脇を固めるバイプレーヤー俳優のジョン・レグイザモ。そのほか、悪の親玉クッパにデニス・ホッパー、ヒロインに『若草物語』のサマンサ・マシス、その父であり王に『ターミネーター』のランス・ヘンリクセンなど、個性派俳優たちが顔を揃えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.